更新年月日 平成24年11月13日


平成22度 教材・教具紹介(自立活動)

ひも結びをしよう

ひも結びをしよう
ねらい対象
エプロンなどのひも結びが自分でできるようになる。
使用方法
ひもに針金が入っており、動きが分かりやすいようにしている。

じょうろ運びぐるま

じょうろ運びぐるま
ねらい対象
じょうろを手を持って運ぶのが苦手もしくはできない生徒が、自分で畑まで運ぶことができる。
使用方法
じょうろに水を入れて台にはめ込み、ロープを引っ張って畑まで運ぶ。空になったら元に戻す。

遠足のしおり

遠足のしおり
ねらい対象
事前学習で見て、遠足に向けて見通しと期待を持つ。
使用方法
写真やシンボルなどを入れて、見て分かりやすいようにした。事前のみでなく、当日も、場所や内容を伝えるために活用した。

視覚障害者用地形図(神奈川県)

視覚障害者用地形図(神奈川県)
ねらい対象
視覚障害を持つ生徒
使用方法
ふだんの生活で利用する町や観光地、利用する電車の駅などを理解する。

視覚障害者用地形図(日本)

視覚障害者用地形図(日本)
ねらい対象
視覚障害を持つ生徒
使用方法
日本を中心に近隣の大陸や諸島の位置や山脈や海溝の位置やでき方を手で触りながら理解する。

クリップマッチング

クリップマッチング
ねらい対象
指先の巧緻性、操作性を高める。色のマッチングができる。
使用方法
同じ色の画用紙のところにクリップを留める。2種類のクリップがある。クリップは100円ショップで購入。

つなげてみよう

つなげてみよう
ねらい対象
見て引っかけるなど、手指の操作性を高める。
使用方法
色ごとに分かれたフックに、S字フックをつなげていく。S字フックも色ごとに分かれており、色ごとの弁別を行う。

動物マッチング

動物マッチング
ねらい対象
同じところに置いてマッチングする。
使用方法
動物の絵のところに、同じ絵の磁石を置く。自分で置けて分かりやすくしている。

ふわふわボールの色のマッチング

ふわふわボールの色のマッチング
ねらい対象
色のマッチングをすることができる。自分で座って課題に取り組む。
使用方法
氷入れの色のシールの上に同じ色のふわふわボールを入れる。ふわふわボール、氷入れとも100円ショップで購入した。

洗濯バサミどめ

洗濯バサミどめ
ねらい対象
指先の巧緻性、操作性を高める。
使用方法
洗濯バサミを箱のふちに挟んで留める。洗濯バサミの取っ手にはシールを貼り、親指と人差し指で持ちやすいようにしている。輪ゴムでまき、力が弱くてもできるようにしている。

消しゴムつまみ

消しゴムつまみ
ねらい対象
指先の巧緻性、操作性を高める。(つまむ力)
使用方法
お皿に消しゴムを移す。大きい消しゴムから挑戦し、できるようになったら小さい消しゴムに挑戦する。シュガートングに使い捨てスプーンを付け、つまみやすくしている。

色いろカーを作ろう

色いろカーを作ろう
ねらい対象
全体だけでなく、細部を見る力を養う。
使用方法
赤・白・青・黄等のカラーパーツから写真と同じものを選んで組み立てる。

はさみ立て

はさみ立て
ねらい対象
はさみを立てて切るということを覚える。
使用方法
切りこみにある丸く空いた所にはさみの凸部を入れ、固定する。

ぞうきんしぼりトレーニング

ぞうきんしぼりトレーニング
ねらい対象
雑巾を自分で絞ることができるようになる。
使用方法
色をかえて持ってしぼり、色を合わせることでぞうきんを絞るトレーニングを行う。

靴下を履く自助具

靴下を履く自助具
ねらい対象
自助具を使うことで、自分で靴下を履くことができる。
使用方法
ペットボトルのさきに靴下を入れ、ペットボトルの中に足を入れる。そうしてから、ペットボトルを引き抜く。足さきにはまった靴下を引っ張って履く。

着替え手順表

着替え手順表
ねらい対象
着替えに自主的に取り組む。上下一度に脱がないで、上を脱いだら上を着る。<
使用方法
着替えを行うスペースに、日常的に貼っておく。文字や絵を指差し、伝えることで着替えに取り組めるようにする。

おはじき入れ

おはじき入れ
ねらい対象
指先の巧緻性、操作性を高める。
使用方法
別の皿を用意し、生徒の実態に応じて、おはじきの量を決めて置く。一つずつ穴に入れ、全部なくなったら終わり。

コイン入れ

コイン入れ
ねらい対象
指先の巧緻性、操作性を高める。
使用方法
ケースの中に、生徒の実態に応じて、コイン(10円)の量を決めて入れて置く。一つずつ穴に入れ、全部なくなったら終わり。

スイーツパズル

スイーツパズル
ねらい対象
楽しみながら形や写真を見て構成する。
使用方法
楽しみながら形や写真を見て構成する。

パズル

パズル
ねらい対象
本人の興味のある絵や写真をパズルにすることで、意欲を高める。
使用方法
目の前で外して、自分で絵や写真で構成する。

切り絵パズル

切り絵パズル
ねらい対象
絵を構成する力を高める。マッチングができる。
使用方法
白黒の台紙に分割された絵を貼る。絵の裏には両面テープが付いており、指先の操作性向上にもつながる。課題学習で行い、できるようになったら宿題でも行う。

体操の内容順番カード

体操の内容順番カード
ねらい対象
授業で行う体操の内容が分かる。見通しが持てる。
使用方法
ホワイトボードに順番に貼り、提示する。

授業の内容順番カード

授業の内容順番カード
ねらい対象
授業の内容の見通しが持てるようにする。
使用方法
ホワイトボードに順番に貼り、提示する。字とともに絵もあるので、視覚的に分かりやすくなってる。

調理の手順書

調理の手順書
ねらい対象
調理の手順が分かり、見通しを持って、自分で取り組める。
使用方法
ホワイトボードに順番に貼り、提示する。

調理の手順絵カード

調理の手順絵カード
ねらい対象
団子作りの調理の仕方が分かる。見通しが持てるようにする。
使用方法
授業の導入で、一つずつ提示し、ホワイトボードに貼る。活動が終わったら、その都度外す。

日課確認カード

日課確認カード
ねらい対象
知的障害教育課程(高等部)
使用方法
・朝の会での日課確認(学習場所を確認する)
・課題学習の提示するときや課題の選択時や振り返り時に使用

このページの先頭へもどる

このページに関するご質問は、神奈川県立津久井養護学校にお問い合わせください。