平成26年7月31日


平成26年度 教材・教具紹介(かず)

時計(かず、ことば)

時計学習
何時何分を中心とした時計の見かたを学習する。学習の進み具合により分の部分の数字を少しずつ減らし、最終的には無しでも読めるようにしたいと考えている。色分けしている部分は、短い針を読むときの、この色の間は、何時としている。

輪なげ(かず、遊び)

わなげ
板を足依頼に置いたり、つっかえ棒を使うことで立てる角度を変えたりすることができます。生徒の実態に応じて入れやすい角度にします。
棒の所につける紙を数字にすると点数制にできます。1人2回以上輪なげをすると点数を足し算する学習になります。これを色紙にして「赤に入れて」など色の識別の学習などにもできます。

数合わせ、色合わせ(かず)

かず
示された色、数のビーズを入れます。慣れてきたら、数字を変える、色を増やす、ビーズではなく他の素材にする、ピンセットや箸を使うなど、アレンジします。

タイムタイマー(かず)

かず
時計の読み方を教えるための教材です。5分ごとの読みで時刻を読めるようにします。針を入れかえれば、あと○分の読み方の練習もできます。

このページの先頭へもどる

このページに関するご質問は、神奈川県立津久井養護学校にお問い合わせください。